>

レンタルスペース呑み会

20時以降でも呑み会ができる?

飲食物の持ち込みが可能になっているレンタルスペースならば、飲食店が閉店した20時以降でも室内で呑み、食いすることは可能です。
そのことに着目して、酒類を持ち込み呑み会を行う方々もいらっしゃるようです。
レンタルスペース側が感染対策として室内カメラの設置や定期的な換気、使用後の消毒の徹底等を心がけていても、利用者側の感染対策が不十分な場合、クラスターの発生を誘発する可能性もあります。
利用する側も、飲食店で行うのと同様のマスク会食やソーシャルディスタンスを意識した利用を心がけたり事前にレンタルスペース側に利用方法の相談をしたりなど、しっかりとした意識をもって利用することが重要になってくる利用方法です。

感染対策グッズが目に付くところにある

最初の流行から1年半たっても、いまだに終息が見えないコロナ禍にあって、レンタルスペースに限らず、不特定多数の方が出入りする場所では、対策グッズが目に見えるところにあることは、安心感につながります。
利用するスペースの、手に取りやすい場所に、消毒ジェルや除菌スプレー、ふき取り用の布巾、除菌ウエットティッシュなどを設置したり、換気扇や空気清浄機を常時稼働させるなどの対策を講じることで、安心して利用してもらうことができます。
除菌に対する利用者の意識は、コロナが終息してからも続くと考えられています。
使用後の清掃、除菌はもちろん、利用中でも気付いたらすぐに除菌行動に移せる様なスペース運営は非常に重要となっているのです。


この記事をシェアする